あそびで育てる運動教室

根っこと幹を大きく育てる

ファーネスキッズ運動あそびクラブでは『思うように操作できるからだ』と『チャレンジ精神あふれるこころ』を、あそびを通じて育てる運動プログラムを実施しています。
子どもたちが将来スポーツや様々な活動をしていく中で、このこころとからだは最も重要な要素と考えています。スポーツなどの専門的な技術を習得していこうとする時、思うようにからだが動かせないと身につけるべき技術もうまく習得できません。そのために、ちゃんと立ってちゃんと動けるからだが大切です。
またその時にチャレンジするこころがなければ、すぐにできないと諦めてしまいます。
あそびという運動プログラムの中に、子どもたちが全身をしっかり動かしながらチャレンジできる要素をふんだんに取り入れ、『どんなこともこなせる』『どんなことにも挑戦できる』こころとからだの土台をつくります。

こんなことができるようになります

・からだの扱いがうまくなり、運動神経が向上します。
・様々な運動の初歩的な動きが教えなくてもできるようになります。
・将来チャレンジするスポーツの動作やスキルが身につきやすくなります。
・何事にも楽しく挑戦できる精神や向上心が身につきます。
・集中力が上がり、連続集中時間を増やせます。
・我慢など感情のコントロールがうまくなります。
・ルールを守りながら個性を発揮できる社会性が身につきます。

こんなお子さまにおススメです

・いろいろな動きができるようにさせたい。
・体育の授業を楽しく受けさせたい。
・スイミングスクールの進級ペースを上げたい。
・前向きな積極性をつけさせたい。
・物事を集中して取り組めるようにさせたい。
・落ち着いて周りと協調できる子にしたい。
など、子どもたちの健やかな成長へ全力でサポートします。

なぜ『あそび』なの?

あそびは子どもたちの栄養素

本来、子どもたちは全身を使う遊びを通じて思うようにからだを動かす能力を高めていきます。
しかし、今の環境を見てみると昔に比べて1日にあるく量も外遊びの時間も減り、『あぶないから』公園の遊具は撤去されて身の回りもとても便利な環境に整備され、からだを思いっきり使って遊ぶ、小さな危険を体験する、その環境に手を伸ばして動く、子どもの頃に経験しておきたい要素が今は経験しづらくなっています。
ファーネスキッズ運動あそびクラブでは、前途のような子どもたちの発達に必要な経験を安全に配慮し、あそびというプログラムに組み込んで実施していきます。子どもたちにとっては楽しく遊んでいる、でもその内容は子どもたちの将来の可能性を広げる発達に必要な運動。全身をめいっぱい使った遊びで培われた運動能力は、将来子どもたちが経験する体育教科やスポーツで『教えなくてもできてしまう』ことがたくさんあります。
子どもたちは楽しいことが大好き。『あそび』だから子どもたちは飽きることなく通えて、こころとからだを健やかに成長させられる、そんな運動教室です。

ご参加の前に

ファーネスキッズ運動あそびクラブの指導理念・方針をご覧いただけます。
これらの理念・方針は「子どもたちの未来のため」に必要な指導を行うためのものです。
子どもたちが健やかにからだづくりやこころづくりを行い、たくさんの可能性をからだいっぱいに蓄えて社会で生き抜く力を育むために必要な要素だと考えています。
大切なお子さまの最優先に考え、未来へはばたくためのサポートを行うための指針です。
理解していただきご入会いただきますようお願いいたします。